世田谷の新たな杜となって、歓びの暮らしへと誘うプライベートレジデンス

世田谷の新たな杜となって、歓びの暮らしへと誘うプライベートレジデンス

暮らすたびに
感動と心満たされる日々。

その光景は世田谷の新たな杜となって、
歓びの暮らしへと誘うプライベートレジデンスが誕生します。

のびやかに日々を育むフォルムは洗練の意匠をまとい、足元には数多くの樹木が、葉で花で香りで織り成す季節の彩り。
美しさは歳月を重ねるほどに風格を増し、贅なる時を奏でます。

  • 建物の壁面により多彩な演出を可能とするマリオン建築のデザインを採用。これにより重厚感と洗練が同時に息づく個性的な外観を実現しています。

  • ガラスに反射する光の陰影とホワイト系、ダークグレー系のタイルによるコントラストが建物に透明感と品格をもたらします。

  • 敷地南側、道路に面し高々と聳える住棟のバルコニー手摺は、ブラウン系のタイル貼りとし、外観に上質感と重厚感を同時に演出しています。

  • 東棟のバルコニー手摺には、ガラス素材を採用。都会的な外観を演出すると同時に、陽光あふれる明るいバルコニーを実現します。

  • 東棟のバルコニー手摺には、ガラス素材を採用。都会的な外観を演出すると同時に、陽光あふれる明るいバルコニーを実現します。

  • エントランス前の車寄せにはワイドなキャノピーを設置し住まいの顔に贅を演出。また、雨天時、車を乗り降りする際に濡れることもありません。

  • 南西向きの棟には雁行設計を採用。建物形状にリズム感を持たせ造形美を演出するとともに、2面からの採光を可能とし暮らし心地を高めます。

  • 住まう人や道行く人の目に留まりやすいエントランスアプローチの南側、敷地南西角に、シンボルツリーとして美しいシダレザクラを配置しました。

美しいデザインの杜に、
顔となる迎賓の空間。

訪れる人、住まう人。この建物を見た方全てに感動を与えられるデザインの創造を目指しました。
車寄せのあるアプローチには大きな庇を設け、重厚感と品格を。
2層吹き抜けのホールには煌びやかなシャンデリアで高級感と開放感を。
自然風景を借景とするラウンジには気品と寛ぎを。ここから美しい日常がはじまります。

ディテールにこだわり、
優雅と品格を表現。

  • ホテルライクなアプローチを表現した壮大なワイドキャノピーを採用。荒天時の荷物の積み降ろしや乗り降りなどに大変便利です。

  • 石調タイル貼りの化粧壁をエントランスの左右シンメトリーに配置。植栽との美しいバランスで入口となる迎賓の空間を創造します。

  • 車寄せの床には耐摩耗性とデザイン性に優れたカラークリートを採用。コンクリートの4倍の耐久性とナチュラルな質感を活かした美装仕上です。

春になると美しく咲き誇るシダレザクラをシンボルツリーとしてアプローチに配置しました。

  • 紅葉を見せる落葉樹と瑞々しい常緑樹を組み合わせ、住まいの顔に四季の彩りを演出します。

  • 道路に面して豊かに連なる緑が住まいの上質感を醸し出すように、高木を中心にした植栽を施しました。

  • 春になると美しく咲き誇るシダレザクラをシンボルツリーとしてアプローチに配置しました。

  • 紅葉を見せる落葉樹と瑞々しい常緑樹を組み合わせ、住まいの顔に四季の彩りを演出します。

  • 道路に面して豊かに連なる緑が住まいの上質感を醸し出すように、高木を中心にした植栽を施しました。

建物を飾る
マテリアルにもこだわりを。

外観、エントランスホール、エントランスラウンジに
それぞれ異なる表情を生み出す、様々なデザインタイルを採用しました。

昼、夜や季節ごとに異なる陽射しによる印影などが創り出す造形美。
ここに暮らすことが誇りとなる、デザイン性を創造します。

ホテルライクな空間演出が、
ワンランク上の生活を演出

迎賓のしつらえと呼ぶにふさわしいエントランスホール。

2層吹き抜けによる圧倒的開放感。天窓からの自然光と豪華なシャンデリアとダウンライトによる光の競演。
自然石調のタイルと木調シートのコントラストが空間に品格と重厚感を創造。
ここに暮らす喜びを実感する優雅な時間が流れます。

ホテルライクなラウンジを設置。

エントランスの一角に自然光が差し込むゆとりの空間を設け、ソファやテーブルなどを配して、談話ができるようにします。
来訪した方の応接はもちろん住む方同士の触れ合いの場としても快適に使えます。

※掲載のCG画像は計画段階の図面を基に描き起こしたもので実際とは異なります。建物形状の細部、設備機器等は表現されておりません。表現されている植栽は竣工から初期の生育期間を経た状態のものを想定して描いており、竣工時は植物の生育を見込んで必要な描き間隔をとって植えております。設計・竣工上の都合により、設定位置樹高・本数等変更される場合があります。